WJVF(West Japan Veterinary Forum)

プラシバシーポリシーホーム

設立趣旨・理念

WJVF設立趣旨・理念

「大阪から発信する新しい獣医学の流れ」

WJVF設立趣旨・理念

石田 卓夫
一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム 会長

West Japan Veterinary Forum(WJVF)も今年で第8回を迎えることになり,大阪の夏の学会としてしっかりとこの地に定着して参りました.公益社団法人日本動物病院福祉協会(JAHA)と一般社団法人日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)が,伴侶動物獣医学は社会のためにあるという共通認識に立ち,2つの団体がそれぞれの得意分野,すなわちJAHAは市民向けプログラム,JBVPは獣医師/動物看護師学術プログラムを担当することで,1+1=3という相乗効果を発揮しつつ,2010年からは正式な協力関係を築いた上で,JAHAがこれまで大会を開催して来た6月という時期を踏襲して大阪で開催してきました.おかげさまをもちまして毎年多くの来場者に恵まれ,現在では会場のスペースの関係で,市民向けプログラムと獣医師/動物看護師学術プログラムは日を分けて別会場で開催しています.本学会は開始当初から,「ためになる,楽しい」学会作りを目標として掲げ,動物医療関係者の交流の場としても,大阪のこの地に定着することを目指しています.そして,新しい学術情報の数々はもちろんですが,われわれ動物医療関係者がどのようにして社会貢献を行うべきかを常に問うような,本当に中身の濃い学会に育てて行きたいと考えます.東から西から,あるいは北から南から,多くの方々がこの大阪の地に集い,ヒューマンアニマルボンド(人と動物の絆),そして伴侶動物獣医学の社会における役割を振り返りながら,常に前進を続けましょう.

主催
公益社団法人 日本動物病院協会
一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム